簡単な体を鍛える方法ヨガ|スポーツ商品について販売

今の人間は生活のために、毎日忙しい状態にしています。どれくらい体を鍛えることがありませんか?ここの簡単な体を鍛える方法ヨガを紹介しています。

日本サッカー選手本田圭佑は動きながら受ける回数を増やせる

| 0件のコメント

今大会、日本の攻擊はなぜうまくいったか?2つの要因があったと、風間は考えている。びとつ目は、岡崎慎司の飛び出しだ。

アジアヵップでは、岡崎がガチャガチャ動き、それで相手の組織が乱れてスベースができた。強い相手にはそう簡単にはいかないが、アジアのチーム相手にほ大きな効果があった」そしてもうひとつは、本田圭佑のキープかだ。「本田は狭いところでボールを受けてもボールを取られず、攻撃の時間を作ってチームを助けた。これができるのは、今の日本代表日本打しかいない」

ザッヶロー二監督は本田圭佑に対して「おまえが攻擊の中心だJと伝えており、今後、本田圭佑の責任はさらに增していくことになるだろぅ。監督の期待に応えるためにも、もつとゴール絡みたいところだ。その鍵になるのは,動きながらボールをもらぅ回数だ。風間は言う。

「日本の決定機のほとんどは、日本サッカー選手本田圭佑が立ち止まってボールを受けたときではな動き出してボール-けたときから化まれた。その回数をもつと増やせるはず。まずは今よりもたくさんボールを触る意識を持ってここまで5つの改善点をあげてきたが、そのほぼすべてに共通することがある。日本代表には、パスの「レシーブ」に課題があるということだ。

遠藤や本田圭佑のような優れた「パッサー」はいるが、その能カを生かし切る「レシーバー」がいない。すでに書いたよぅに、人を外すことができるレシーバーが出てくれば、遠藤や本田圭佑にはもっと早いタィミングで正確なパスを出すことが求められ、相乗効果でチーム力のアッブが期待できる。風間は明確な目標を示した。

「全員が自分の得意なところで、前を向いて、今よりも10回多くバスを受けられるよぅになったら日本代まは必ず変わる。それを実現するには、全員が同じよぅな意識を持たなければいけない。嫌り返しになるが、受ける質が上がれば、パスの質が上がる。動きを見る質も上がる。つまり、どう受けるかを追求すると、もっとこのチームは強くなるといぅことCもちろんこれができているのは、世界の中でバルセロナ、スペイン、 ドィツと言った限られたチームだけれど、世界は確実にそこに向かつている」

また、風間はサツ力ーの精度を「面」から各点」に上げることも要求した°「今の日本代表選手の力を考えれば、『面』でほなく、『点』で合わせるサツ力ーをできる。1メートルあればサッカーができるのか、3メ1トルないとできないのか。あるいは50センチでできてしまうのか。そこを突き詰めることが、これからは求められるザツケロー二監督にょつてチームのベースはでぎたが、あくまでファーストステツブが終わつたにすぎない。どこまで細部の質を高められるのが。監督の手腕だけでなく、選手の個人能カのアツブが求められる。

コメントを残す

必須欄は * がついています